ピヴラッツ®点滴静注液150mg

医療従事者向け情報サイト

セミナー・講演会情報

本会は、SAH Professional and Advanced Summit Meeting Project(通称:SPASM Project)と題して、全国各地でご活躍されている脳神経外科の先生方を中心に各地域ごとにお集まりいただいております。各会、くも膜下出血診療にフォーカスして治療、術後管理(ピヴラッツ®点滴静注液150mgの適正使用を含む)、連携について、広くご討議いただいております。
今後も全国各地で開催される各会の内容を記録集にまとめて、お届けいたします。くも膜下出血診療に関する全国各地の情報が、先生方の日常診療に少しでもお役に立てますと幸いです。

■特別講演Ⅰ

clazosentanの使用経験 -治験例と初期使用例-

座長: 村瀬 悟 先生 岐阜県総合医療センター 脳神経外科 部長

演者: 江頭 裕介 先生 岐阜大学医学部附属病院 脳神経外科 講師

■特別講演Ⅱ

脳血管攣縮と遅発性脳虚血:治療法の変遷と今後の展開予想

座長: 岩間 亨 先生 岐阜大学大学院医学系研究科 脳神経外科学分野 教授

演者: 鈴木 秀謙 先生 三重大学大学院医学系研究科
臨床医学系講座 脳神経外科学 教授

■総合討論

司会: 江頭 裕介 先生 岐阜大学医学部附属病院 脳神経外科 講師

■座長

三國 信啓 先生 札幌医科大学医学部 脳神経外科学講座 教授

■基調講演

SAH術後管理の現状と課題

演者: 三上 毅 先生 札幌医科大学医学部 脳神経外科学講座 准教授

■特別講演

脳血管攣縮克服のための基本的な知識
~これからの可能性

演者: 松尾 孝之 先生 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
展開医療科学講座 脳神経外科学 教授

■教育講演Ⅰ

脳血管攣縮の最近の話題

座長: 間瀬 光人 先生 名古屋市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学 教授

演者: 荒木 芳生 先生 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院
脳神経外科 脳血管外科 副部長

■教育講演Ⅱ

くも膜下出血治療のupdate:血管内治療の最近の話題から

座長: 間瀬 光人 先生 名古屋市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学 教授

演者: 中原 一郎 先生 藤田医科大学 脳卒中科 教授

■特別講演

くも膜下出血の病態と最新治療

座長: 齋藤 竜太 先生 名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科 教授

演者: 冨永 悌二 先生 東北大学病院 病院長
東北大学大学院医学系研究科 神経外科学分野 教授

■Panel Discussion

司会: 加藤 庸子 先生 藤田医科大学ばんたね病院 脳神経外科 教授
宮地 茂 先生 愛知医科大学 脳神経外科 主任教授

■特別講演Ⅰ

くも膜下出血(SAH)治療の現在

座長: 新井 一 先生 順天堂大学 学長

演者: 近藤 聡英 先生 順天堂大学医学部脳神経外科学講座 主任教授

■特別講演Ⅱ

SAH ICU管理の標準化に向けて

座長: 近藤 聡英 先生 順天堂大学医学部脳神経外科学講座 主任教授

演者: 寺西 功輔 先生 順天堂大学医学部脳神経外科学講座 助教

■総合討論

■総合司会

冨永 悌二 先生 東北大学病院 病院長
東北大学大学院医学系研究科 神経外科学分野 教授

■特別講演Ⅰ

SAHスパズム治療up-to-date

演者: 遠藤 英徳 先生 広南病院 副院長 兼 脳神経外科部長

■特別講演Ⅱ

SAH ICU管理の標準化に向けて

演者: 新妻 邦泰 先生 東北大学大学院医工学研究科
生体再生医工学講座神経外科先端治療開発学分野 教授
神経・感覚器病態学講座 神経外科先端治療開発学分野 教授

■総合討論

医療従事者向け情報サイト

pivlaz.jp

あなたは医療従事者ですか?

職種をお選びください。

医療従事者ではない方

ピヴラッツ®情報サイト(pivlaz.jp)では、ピヴラッツ®点滴静注液150mgを適正にご使用いただくために、国内の医師、薬剤師、その他の医療従事者を対象に、ピヴラッツ®点滴静注液150mgに関する情報を提供しています。
一般の方に対するピヴラッツ®点滴静注液150mgの情報提供を目的としたものではありません。